So-net無料ブログ作成

宝愛由莉菜さんのセッションを受けました☆

今日は、宝愛由莉菜さんの
『個人起業家のための「実は貧乏大好き?!なマイ・コドモルール除去」体験セッション』
を受けてきました!!

わたしは、起業家ではないのですが、起業したい、と思いながらできていない、という状況にあり、
そういう人も対象になっていたので、申込みをしました^^

今回は、特別に、90%オフ価格で3,330円というので、
4人くらいでのグループセッションをするのかと思っていたら、
一対一という、なんとも贅沢なセッションで、まずそこに驚きました。


宝愛さんの過去の状況と私の今の状況は重なることがたくさんあって、私も驚きだったのですが、、、

それに、宝愛さんの言っていることも、
今まで学んできたことをおさらいしているような感じのところもありました。
なんだか不思議な時間でした。
自分を見ているような・・・?いや、将来の自分を見ているような。
宝愛さんは、私がこうなっていたらいいな、という、人物だったんです!


けれど、けれど、
やっぱり、私は学んできたことが、しっかり自分のものにはなっていなかったんだ、とわかってしまいました。
もっともっと自分と向き合って、
それで、自分を解放していくしかないんだな。

「マイコドモルール」という言葉は宝愛さんが作った言葉のようですが、
とても興味深くて、この考えについては、目から鱗でした。


不思議なものです。
私は、本当に、本が好きで好きで、だいぶ心理系の本は読んできたつもりでした。

けれど、やっぱり「かたより」って、出ちゃうんだな。

私は、宝愛さんに聞かれて、
自分の心に聞いてみました。

「自分の人生のハンドルを何パーセントにぎっていると思いますか?」と。

(これ、私も以前に自分に聞いたことありました。その時と多分同じ)

「20%」

ということは、私は、大人20:子供80
という割合なんだそうです><

子どものパーセンテージの多い人の特徴として、

子どもを叱れない、とか、
「子どもを褒めて育てましょう」という考え方を学んでしまう、とか、
子どものいいなりになってしまう、とか、あるそうで、

これは、全部私にあてはまりました。 



それと、「愛=ただ」と、私の中の子供が思っているようだということも分かりました。
子供は、ただで、いろんなことしてもらっていますからね。
それで、私は、「ただ」が好きだったんだぁ(笑)
それで、私は、ただで、大好きな友達に、私が有料で学んだいろんなことを教えちゃったんだな。


「お金を使うことはすばらしい☆
お金を頂くことはすばらしい☆」
しっかりと身につけたいな。

今日は、とにかく、宝愛さんの言葉を、自分に沁み込ませようと、しました。
身体で感じて、何かをつかもうと、しました。


それと、お互いに共通の知っている人(私にとっては、メルマガやブログでしか知らないのですが)がいて、それも楽しかったです♪

とにもかくにも、楽しいセッションでした♪♪
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

鈴木真奈美さんの新刊本「幸せな人だけが知っているシンプルな生き方」

真奈美さんの4冊目の本が先日出版されました[ぴかぴか(新しい)]

今回は全く迷いなく、購入しましたぁ^^

1冊目と2冊目はちょうど今、貸し出し中にて、手元になかったので、タイミングが良かったんだな☆

3冊目を買う時は、少し迷ったのですが(1、2冊目を持っているので)、この本は、買ってよかったぁ、と思ったので、4冊目も買いました^^


やっぱり足元を固めるというか、身近な幸せをかみしめながら生きることだよね[ぴかぴか(新しい)]

と改めて思えたので、◎です[ハートたち(複数ハート)]


以下引用

「親を悲しませたくない」というのは、昔、子供だった人の多くが、大人になっても持っている優しさです。でもまずは、親との境界線をきっぱり引きましょう。

・親に心配をかけてもいい
・親を困らせてもいい
・親を怒らせてもいい
・親の期待にこたえなくていい
・もう、いい子はやめていい
・親を捨ててもいい

もし違和感があれば、なくなるまで、言葉にしてみてください。

・・・

本当の親孝行とは、あなたが授かった命を、大切に生き、あなたがいつも幸せでいることです。


以上引用終わり


この言葉、本当に心からなるほどなぁ、と思いました。

私は期待に応えようと、無意識に、ずっと生きてきたので、
自分の人生じゃなくて、
親の期待通りの人生になってしまって、

そこらへんもやっぱり苦しみの原因なんだろうな、と思います。

「親を困らせてもいい」、かぁ

痛快な言葉だなぁ


私も子供には、困らされてもオッケーな親でなきゃな、と自分を振り返りました^^;
そして、自分の子が、いい子でなくてもいい、と思える親でありたいな。


あんまり困らせられたくはないけど、

困らせられるのは、当たり前、と思っていたら、人生は楽しいかな^^;

困らせられてばっかりいるけど、それでオッケーなんだな。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: