So-net無料ブログ作成

鈴木真奈美さん夏至瞑想会行ってきました☆

 本当に久々のブログ更新になりました。

 脳科学の方の学習に専念しておりまして、
 それプラス、息子部活、家事、仕事などなど、忙しくしております^^

 先日の6月20日に行われた真奈美さん夏至瞑想会行って参りました☆

 本当の夏至は21日なのですが、20日は満月でエネルギーが高いため、20日にしたそうです☆

 今回の瞑想会ボランティアスタッフとしても参加したのですが、

(ちなみに、瞑想会で集まったお金は、真奈美さんの思う場所へ寄付されます。
今回は、熊本の震災に前もって支払われました)

 それで疲れたのか(体力ないっす)真奈美さんの講演の時は、何度も寝落ちしてしまいました><

 その代わり誘導瞑想の時間はずっと起きていられたから良しとします。

 真奈美さんの誘導瞑想では、毎回本当にきれいな美しい場所に行くことができます。(イメージでですが)グループコーチングの時の誘導瞑想では、ラベンダーの香りもします。(もちろん、何もたいてません。)
 これは多くの人が体験していることです。本当に不思議なことって起こります。

 真奈美さんの講演会で言われていたことを少しアウトプットします。
 真奈美さんも出すと入ってくる、と言うので。

 
 いまは歴史的転換期。それはここ10年来。

 2012年12月の冬至に13000年続いたマヤ暦が完了している。

 しかし、これは、新たなサイクルの始まりを意味する。

 2012年から2016年夏至まで、3年間の調整期間があった。

 年明けから変容のエネルギーが強い。
 始まりと終わり、破壊と再生。

 一見するとネガティブな出来事でも、悪いことをしたから起きた、とかではない。
 見えないものに光を当てる。
 今年9月10日ラッキースターの木星がてんびん座へ移動する。
 揺れ動いていたものが形になっていく。
 個人だけでなく、社会、世界レベルで起こっている。
 この変容の時期は、前提が、「激動」。

 うまくいき続ける方法はない。 確かに揺れ動いているから。
 起きたことにどう対処していくか。
 
 大事なことは、
 人に向けたエネルギーは、全部自分に返ってくる、ということ。

 出したエネルギーが戻ってくる。

 だから、誰かに何かが起こっても、 「あの人も学びの最中なんだなぁ」と思って、あとは、違う面もある、ということをわかってみてあげる。これも自分に返ってくる。

 自分の人生を主役として生きる。
 
 人に責任転嫁することや、こうだったらいいのにな、とか、外部で何か起きた時に外部のせいにしてしまうのは、脇役の視点。

 うわ、ということが起きた時に自分に言ったらいい言葉
 「だんだんおもしろくなってきた」
 「逆に楽しくなってきた」

 これは心がともなっていなくていい。
 口だけでいい。
 まず言葉を変えていく。
 舵をきるのは自分!
 問題が起きたときが、人が一番成長する時。

 
 ほかにも、真奈美さんいろいろと話していたはずです。


 実は、書いていて、エネルギーがわいてきました。

 
 このブログが、誰かのお役に立てたら本当に幸いです^^


 みなさまのますますの幸福をお祈りしています☆